新時代を歩みを進める車、プリウスPHVの話

いっぽ
プリウスの顔、、難しいです。どうも、一歩です。

車紹介シリーズ第4弾!
今回は「プリウスPHV」です!

ちなみに、、「プリウス」と「プリウスPHV」の違いって分かりますか?

「プリウス」はガソリンと電気で走るハイブリッドカーです。基本的にガソリンで走り、電気は補助的な役割をしています。電気のみでは2-3kmしか走りません。

※電気のみで走る車は電気自動車ですね。

一方の「プリウスPHV」
PHVはプラグインハイブリッドの略です。つまり、家庭用コンセント(専用工事が必要)などからバッテリーを直接充電でき、さらに電気のみで走れる距離も20kmと圧倒的長いです。もちろんガソリンでも走ります。

つまりガソリンと電気で走るハイブリッドカーと電気のみで走る電気自動車の間くらいの車になりますね!!

それではそんなプリウスPHVの魅力を語っていきます。燃費やエコは言うまでもなく素晴らしいので、それ以外の部分を僕目線でね。

インパクト大!iPadみたいなナビ!

乗った瞬間、目が釘付けになります。もはやiPad。大きさはなんと11.6インチ!
前回のナビのお話でも言いましたが、11インチはかなり大きい。

なめらかな曲線。構造。

空気抵抗をより少なくするために様々な作りがあります。中でもダブルバブルウインドウ!
バックドアガラスの形がすごい曲線美です。
へっこんでます。しかし構造上、駐車時など後ろが若干見にくい感じはありました。

視野を広く確保

前方はかなり見やすくなりました!運転席から斜め前方向もガラス張りになっているため、視野が広いイメージがあります。ミラー近くの視角になるところもスッキリ!

車で家電が使える!

蓄えた電力を供給できます。家庭用と同じ100V.1500Wまで対応。直接コンセントを繋ぐだけであんなものやこんなものまで!

海に行った時のドライヤー、ホットプレートでバーベキュー、災害時の灯りや炊飯なども!!

まとめ

電気を主流に走り、燃費が良く、ナビもでかく、さらには車で家電も使える。
まさしく移動する電源

車もだんだん進化してますね。
僕の顔真似は、、頑張ります。

今日はこの辺で!


スタッフのコメント
トシ
彼の特技のひとつ、「車の顔真似」。
似ているかどうかは大いに疑問ですが、皆様暖かく見守ってやってください(笑)

PAGE TOP