車の税金のお話。

この記事で知ってほしいこと

車に関する税金は重要なものが3つある

  • 車購入時にかかる自動車取得税   
  • 毎年春にかかる自動車税(軽自動車税)
  • 車検の時にかかる自動車重量税   
  • 車に関するポイントとなる税金は3つ!

    いつも音地自動車のホームページをご覧頂き誠にありがとうございます(^^)
    今回は車の税金のお話です。

    車にお乗りの皆様は税金を払っています。
    でも、税金の種類や仕組みをあまり知らない方も多いのではないでしょうか。
    車を持つ上で知っておくべき税金は先述した

    ・自動車税(軽自動車税)
    ・自動車取得税
    ・自動車重量税

    の3つです。(この他にもガソリンに関する税金や消費税もありますが割愛いたします)
    以下、この3つの税金についてご説明いたします。

    自動車税(軽自動車税)

    自動車税(軽自動車税)は車を所有していることに対して毎年かかる税金です。
    毎年4月1日時点での所有者に対して向こう1年分の自動車税が請求されます。
    翌年の3月31日までの自動車税を先払いするということになります。

    なので、年の途中で自動車を買い替えたりすると、月割りで返ってきます。(普通車のみ)

    自動車税(軽自動車税)の金額は車の排気量や自家用or事業用などによって異なり、改定などもされます。
    基本的には排気量が小さい車や仕事用の車であるほど税金は安くなるという仕組みになっています。

    自動車取得税

    その名の通り、自動車を取得するときにかかる税金です。
    そのため取得する時以外は基本的にはかかりません。
    車を購入する際はこの自動車取得税と後述するエコカー減税も計算して考える必要があります。

    自動車重量税

    自動車重量税とは自動車の重さに応じて課税される税金です。
    自動車購入時、車検時に課税されます。
    0.5tごとに金額が高くなり、軽い車ほど安くなるという仕組みになっています。

    よく聞くエコカー減税って?

    エコカー減税とは、燃費性能の高い車に対して課税金額を安くする仕組みです。
    ポイントは上記に記載した自動車取得税、自動車税、自動車重量税いずれも減税対象であるということです。
    詳細は車ごとによりますので、お車を購入する際に確認してください。

    大切なのは自分が車を持っていることに対してどれだけの支出があるかをしっかり把握しておくことです。
    車体が安い車でも実は以外に維持費がかかったりすることもあるので、買い替えなどの際にはしっかり考えてください!

    PAGE TOP