ドラレコの落とし穴とオススメのドラレコのお話

トシ
いつも音地自動車のホームページをご覧頂き誠にありがとうございます!

さて、今回は珍しく商品の紹介です。

最近ニュースになっている「あおり運転」。関連するニュースは後を絶ちません。

これらの報道をきっかけに当店も問い合わせが本当に増えました。それに対して当店でもいろいろな点を踏まえて吟味して提案してきました。

・解像度
・撮影角度
・カメラのタイプ(前後タイプなど)
・駐車録画やGセンサー対応
・保証やメーカーの信頼性など

などなど、ドラレコは選ぶ基準が煩雑だったりして選ぶのが難しかったりします。

しかし、それ以前にドラレコには致命的な落とし穴がありました。

それは
 
 
フォーマットしないといけない点
 
 
です。

フォーマットとは?

フォーマットというのはドラレコ内のデータを初期化する作業のことです。

いっぽ
え?ドラレコって勝手にデータを上書きしてくれるんじゃないの?

↑と思っている方も多いと思いますが、フォーマット作業を行わないと録画ができなくなってしまいます。実際にこのフォーマット作業を行っていないことでドラレコは付けているけれど、録画されていないという方が約4割もいるそうです!

▲取扱説明書にも基本的に書いてあります。

▲多くの人がそれを知らずに録画できない状態のドラレコをつけていたり、、、

付けたら放置でOKな完全フォーマットフリーのドラレコが存在した!!

当店でも「ドラレコ=完全放置でOK」と思っているお客様が多くいらっしゃいます。

なので当店でもそういった商品を探していたところ見つけることができたので提案できるようになりました!(^^)
 
 
・完全フォーマットフリー
・十分な画質と撮影角度
・前後カメラタイプ
・メルセデスなどのドラレコを作るメーカー
・メーカー純正品よりもお得に取り付け可能
・量販店では手に入らないモデル

 
 
こういったかゆいところに手の届いたドライブレコーダーを検討されている方は是非ご相談下さい!
製品について個別でしっかりご案内・ご提案させて頂きます。

今回はこの辺で!

PAGE TOP