【一歩ブログ スポーツ】球技史上最大のボール

いっぽ
どうも!一歩です!

前回、大学で経験しハマった球技について、ゲートボールのことを書きました。
前回の記事はこちらから

大盛況だったことを祈って、第2回始めます。

第2回はキンボール!

なにそれ?って方もいるでしょう。
自分も大学で授業するまでは知らんかった。

キンボールとはこの巨大なボールを打ち合う競技です。

でかすぎる。。
球技の中で一番でかいボールだろう。
子どもなんてこれ見るだけでワクワクするでしょう。

ざっくり説明すると、、

カナダで生まれたスポーツ。
日本には1997年に来た。
コートは13~21m × 16~21 m
ボールの直径122cm、ボールの重さ1kg

試合は1チーム4人。3チームで対戦。
それぞれを色分けする。
(公式ではピンク、グレー、ブラック?)。

じゃんけんでヒット権を獲得したチームからスタート。【例:ピンクからスタート】

➊3人でボールをセットして1人が手や腕で打つ(ヒット)。
その時「オムニキン!○○(色)!」と言う。【例:オムニキン!グレー!】

➋指定されたチームは、ボールを床に落とさないようにレシーブ。【例:グレーがレシーブ】

➌ボールを落としてしまったら、落としたチーム以外に1点。【例:ピンクとブラックに1点】
ボールをレシーブできたら、ヒット権はグレー。➊に戻る。

これを7-10分×3ピリオドの総得点で競う。

こんな感じです!

細かいルールはWikipediaさんに任せます!

ちなみに「オムニキン」は
「…omnipresent(:すべての)」と「kinesthesis(:運動感覚)」の造語です。

何が面白いかって、みんなで協力しないとできない。そして作戦も大事。ヒットした時の爽快感。ギリギリでレシーブした時のヒーロー。などなど。

レクリエーションとしても幅広く遊べるので、おすすめです!

それでは最後に世界大会の映像を見てみましょう!半端ない!

今日はこの辺で!

PAGE TOP