【一歩ブログ 小話】バルス

いっぽ
どうも、ムスカです。

今回は人気の小話シリーズです。先日の出来事聞いてください。

僕はいつも朝ごはんに、ラピュタパンなるものを食べています。

ラピュタパンとは、かのジブリで旋風を起こした「天空の城ラピュタ」の、洞窟でパズーがカバンから取り出すやつです。こーゆうやつです。

で、マヨネーズで囲いを作ったんですが、マヨネーズがなくなって、ちょっと足りなかったんですよね、ほんの1cmくらい。まぁ大丈夫だろうと、そのまま生卵ONしてトースターへ、、

チンッ!と子気味いい音とともにお腹が鳴る。お腹が待ちくたびれている。

朝はパン!パンパパンッ!くらいテンションるんるんやったのに、トースターを開けると、、、

そこにはラピュタはいなかった。じゃなかった。卵はいませんでした。(写真ない、、)

あの1cmの隙間から卵は崩してきました。完全にやられました。

そして、卵はと言うと、、トースターの下で黄身が崩れた状態で見事に目玉焼きになっていました。(これも写真ない、、)

もういろんな意味で、、バルス!!

そんなこんなで朝から萎えていましたが、通勤中に「アルバイト」

という斬新なTシャツを着たお兄さんが走っているのを見て、「ああ、俺も頑張ろう。」と思いました。が、会社に来てトシさんに話すと、「その時の写真撮ってきて記事にできんようじゃだめや」って言われました。レベル高いっすわ~。(笑)

俺もまだまだでした。これからは嫌なことがあっても、まずは記事になるか考えてみよう、写真を撮ってみよう。そうすれば嫌なことも嫌じゃなくなるかもしれない。あとで笑い話になるかもしれない。素晴らしいほどスーパーポジティブですね。考え方次第で変わるってこーゆうことかと思いました!!今日はこの辺で!


スタッフのコメント
トシ
終わりよければすべてよし。事件が起きても最終的に笑いに変えられればそれはネタ。事件が起こった瞬間に「ネタキター!」ってなってニヤニヤするくらいになって下さい(笑)

PAGE TOP