【一歩ブログ グルメ】ブラジル料理

いっぽ
みなさんこんにちは、一歩です。

先日、フットサルの遠征で大阪に行きました。
試合後、お昼ごはんにブラジル料理屋さんに行きました。こちら「セリアハウス」

実は、ブラジル料理初めてです。

よくチームの人で「シュハスコ」「フェジョン」ってゆーてますが、いまいち何か分からなかったので教えてもらいましたが、肉のことを「シュハスコ」、煮豆のことを「フェジョン」と言うそうです。

お店ではバイキング形式で、シュハスコ、ライス、フェジョン、サラダが食べ放題。

ブラジルではご飯に煮豆をかけて食べるのが普通らしく、若干違和感を抱きながらも食べてみるとこれがなんと美味しい!!やたら食が進みました。

そしてシュハスコ。自分で取りに行くのではなく、店員さんが次々に持ってきてくれます。
色んな部位があり、どれも美味しい。
その場で切ってくれる感じがまたブラジルっぽい!店員さん素敵でした。

10種類以上の肉が運び込まれてきます。個人的には、牛モモ、豚バラ、ソーセージがかなり美味しかった。
もう腹いっぱい過ぎて、大満足でした!!

ライスにフェジョンにシュハスコ。
これだけ炭水化物+タンパク質を幼少期から食べていれば、そら体も大きくなるわと。
ブラジルがサッカーで強い理由は
【食にあり】
とも思いました。

また一つブラジルが好きになっちゃいました!
また食べに行きたいなー!!


【お店の情報】

セリアハウス

住所:大阪府堺市西区浜寺石津町西2-3-11
TEL:072-247-2885

営業時間
●10:00~14:00(LO),17:00~22:00(LO21:30)
●[土日]12:00~22:00(LO21:30)
土・日曜はシュラスコ(バイキング)のみの営業
休日 月曜日(但し、祝・祭日は営業し、水曜が振替休業)


スタッフのコメント
トシ
シュハスコは「churrasco」と書くので日本では「シュラスコ」と呼ばれることが多いですが、ブラジルでは”r”の発音を”h”のように呼びます。そのため現地の発音では「シュハスコ」の方が近いです。だからブラジルでは「ロナウド」は「ホナウド」ってちょっとへんてこな名前になります。豆知識。

PAGE TOP