ワゴンRのお話

いっぽ
寒いです。非常に寒いです。最高気温がマイナスってロシアかよ。どうも、一歩です!

今日は僕らと共に写っているSUZUKIの伝統的な軽自動車、ワゴンRの紹介です。昔は軽自動車でダントツの人気でしたが、近年タントやN-BOXのスライドドア軽自動車が出て人気を取られがちでした。そんな中、、新型が出ました!!再び人気を取り戻すのか!?それではいきましょう。

顔が3種類だと!?

今回フルモデルチェンジしたワゴンR6代目は、なんとフロントデザインが3種類あります。前回紹介したハスラーは色の種類が豊富でしたが、ワゴンRは顔の種類が豊富です(ちなみに色の種類も豊富ですよ)。

左から、歴代ワゴンRと似た「FX.FA」、FXより少しかっこよくなった「FZ」、そしてよりかっこよさを追求した「スティングレー」といったところでしょうか。ちなみにスティングレーは内装も凝ってて高級感のある車ってイメージです。

とにかく広い!

これまでも内装は広かったですが、今回違うところは、トランクを若干狭くして、前席、後席(リクライニング可能)とも、より広々とした空間が作られているところです。室内長2450mmは軽ワゴンNo.1らしいです。170cmの大人4人が乗っても余裕をもって過ごせます。

ヘッドアップディスプレイとアンブレラホルダー!

うん、名前を聞くだけでもかっこいいぜ、、まずヘッドアップディスプレイは、エンジン始動時に運転席前方から“にゅっ”と出てくる半透明な画面です。

もはや近未来的。これに速度やカーナビの方向案内、緊急自動ブレーキの作動状態などが出ます。従来のナビはどうしても左寄りに見がちだったので、前方をしっかり見ながら方向を確認できるため、安全性も増すし、使わない時は収納も可能です

アンブレラホルダーは、後席ドアの内側に設置されていて、傘についた雨水は車外に排出される作りになっています。今まで濡れた傘の置き場に困っていたので、これは非常に助かります。ナイスアイデアですほんと。

ちなみに、どちらも【軽初】だそうで、、初めてをふんだんに取り組んだ車です。(笑)それだけ車のある生活を快適に過ごしてほしいというSUZUKIからのメッセージなのでしょう。

他にもキーレスプッシュスタートシステム、マイルドハイブリッド、デュアルサポートブレーキなど様々な機能もあります(※グレードによりオプションがつけられるもの、つけられないものがあります)。キーレスはほんとに便利で、絶対欲しいですね。。

まとめ

簡単にまとめると、、フロントのデザインが3種類もあり、これまでのワゴンRより広く、軽初の機能もついています。ざっくりですが、同じ軽自動車で広い車のタントやN-BOXに比べて比較的安く買えることもワゴンRの魅力ですね。個人的にはやはりスティングレーが一番かっこいいい。気になる方は是非チェックしてみて下さい!


トシ
かつて軽自動車売り上げNo.1だったワゴンRですが、現在はダイハツのタントに完敗しているそうです。巻き返しなるか?

PAGE TOP